モダニズム文化様式の名残感じる[芦屋エリア]ミシュランガイド2016掲載店

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
192 32 52

RSS

モダニズム文化様式の名残感じる[芦屋エリア]ミシュランガイド2016掲載店

更新日: 2017-01-05 16:56:25グルメ情報
モダニズム文化様式の名残感じる[芦屋エリア]ミシュランガイド2016掲載店

兵庫県の南東部に位置し、高級住宅街としても全国的に有名な「芦屋(あしや)エリア」。駅周辺には有名百貨店や商業施設が多数点在。六甲山と大阪湾に面し、豊かな自然を携えたその住環境の良好さから、住みたい街ランキング上位の常連エリアです。特に、西宮北口エリアなどの阪急沿線界隈は人気が集中。関西圏に住む人々からも、羨望の眼差しを浴びています。
阪急線・JR神戸線・阪神本線が乗り入れているため、大阪は梅田、神戸は三宮までアクセス抜群という利便性を兼ねそろえている点においても、住宅地として長年人気をキープしている理由のひとつです。

芦屋といえば、一般的には高級住宅街という印象が強いかと思いますが、実は自然に恵まれたエリアとしても有名。北には六甲山、南には大阪湾を抱き、美しい景観の数々を体感することが出来ます。
芦屋川沿いには桜並木や松並木が整列し、季節ごとにころころと表情を変える自然の姿を味わえ、潮風大橋は、神戸側へと沈んでいくサンセットが背負う美しいオレンジ色の後光を浴びながら、大自然の力強さを垣間見ることが出来ます。
また、芦屋浜シーサイドタウンは、高層住宅街が集積したエリア。それらの人工的な光と自然とのコラボはそこはかとなく、独特の存在感を演出します。ほのかに灯るマンションの光が、夜の帳がおりた芦屋の街にたゆたいながら溶け込んでいく様が、何とも幻想的に感じられるはずです。
さらに、芦屋エリアの自然の中でも特に有名なのが六甲山。「1,000万ドルの夜景」が眺望できる夜景スポットとしてその名を馳せており、大阪湾を一望出来る大パノラマに圧倒されます。
近年は、登山や夜景眺望スポットとしてだけではなく、六甲山自体をレジャースポットとしようという動きも活発化。六甲山上を展示場とし、数々のアート作品を展示した「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」が大きな反響を呼んでいます。六甲山の景観を活かしながら展示された幅広いジャンルの多彩な作品たちは、六甲山の魅力をじゅうぶんに引き出し、人々にこれまでと違った六甲山の魅力を伝えています。ピクニックのついでに、いつもと違った六甲山の姿に触れ合うチャンスですので、行きなれた方も初めて行く方も、一見の価値ありです。

そして、芦屋ならではの魅力といえば、セレクトショップやインテリアショップなど、洗練された商品を置くショップが点在している点も然り。オシャレな芦屋マダムや淑女、商品の質の良さを知る地元の若者などからの支持も厚く、一度訪れた際には覗いてみる価値があります。
また、芦屋といえば、ハイセンスなこだわりグルメが集まる場所でもあります。駅前や住宅街にひっそりと佇む雰囲気のある隠れ家的名店が点在し、特にスイーツの名店の数は関西エリアでもワンランク上をいきます。
そんな芦屋エリアには、実は数多くのミシュラン星獲得店があるということを、皆さんはご存知でしょうか。
今回は、そんなグルメな名店が揃うここ芦屋エリアのミシュラン掲載店を、下記にてご紹介します。

【1つ星】
・「コシモ プリュス(Koshimo Plus)」(イノベーティブ)食べログ ★3.76
・「かぶらや」(蕎麦)食べログ ★3.59
・「むら玄」(蕎麦)食べログ ★3.56
・「伊予本(いよもと)」(日本料理)食べログ ★3.07
・「あ~ぼん」((串揚げ)食べログ ★4.05  
・「安愚楽(あぐら)」(日本料理)食べログ ★3.56
・「仁(じん)」(日本料理)食べログ ★3.56
・「北じま」(フランス料理)食べログ ★3.59
・「青柳(あおやぎ)」(日本料理)食べログ ★3.04

【2つ星】
・「たか木」(日本料理)食べログ ★3.57
・「あめ婦(あめふ)」(日本料理)食べログ ★3.57

【3つ星】
該当なし

※★は2016年10月19日時点の評価です。

ここ芦屋には、大正時代から昭和初期にかけ、阪神間に築かれた固有の文化「阪神間モダニズム」の面影を、街の至るところで感じることが出来ます。神戸における外国文化の影響、更に、経済の主柱を担う大阪の文化を取り入れ、洒落た建築物や文化などが根付いた「阪神間モダニズム」は、当時宝塚、芦屋、西宮、灘などの阪神間で栄え、界隈は実業家や有力者、富豪たちが豪邸を建て、邸宅が集積するエリアとなっていました。最新トレンドのさきがけでもあったこの文化様式は、多くの人々をも魅了し、著名人や文化人、芸術家などもこの地に引き寄せました。
現在も六甲山側の「六麓荘町」を代表する邸宅街は、山海に囲まれた地域特有の理想的な地形を成しており、美しい自然や生活様式・文化が育まれています。また、阪急芦屋川駅に程近い「ヨドコウ迎賓館」は帝国ホテルの設計者としても知名度の高いフランク・ロイド・ライト氏の作品で、今や珍しくなくなったコンクリート造の建築物は、当時の技術では最先端であったこともあり、その外観からもいま尚「モダニズム」文化を感じることが出来ます。

そんな、過去のアーバンスタイルが反映された貴重な建築物などを垣間見られる芦屋エリアは、市域全体が落ち着いた雰囲気を醸し出しており、ゆっくりと耳をすませば芦屋川のせせらぎをとらえることが出来、ふと目の前の木々に目をやれば四季折々のまさに風光明媚な情景を感じることが出来ます。
自然と人々の暮らしとが緩やかに共存しあっているその様もまた、ここ芦屋が人々を魅了して止まない、理由のひとつなのかもしれません。

男性歓迎の神戸・芦屋エリア周辺マッサージ店一覧はコチラ
男性歓迎の神戸・芦屋エリア周辺の出張マッサージ一覧はコチラ

筆者: サポート担当 井上