今ちゃんの「実は・・・」で紹介!尼崎と密接な関係・ひときわ存在感を放つ「桜木温泉」

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
196 31 57

RSS

今ちゃんの「実は・・・」で紹介!尼崎と密接な関係・ひときわ存在感を放つ「桜木温泉」

更新日: 2016-06-24 11:08:53銭湯特集
今ちゃんの「実は・・・」で紹介!尼崎と密接な関係・ひときわ存在感を放つ「桜木温泉」

2016年6月22日(水)「今田知らない兵庫・銭湯中心の尼崎の夜は実は・・・」で紹介された銭湯は、「桜木温泉」。 阪神尼崎駅南側、お寺が集積した一角「寺町」と呼ばれている場所の中の住宅地南側にある銭湯。創業80年を超える歴史深い銭湯で、古くからこの地に深く根をおろしており、昔から地元の方々に愛され続けています。
桜木温泉の浴場は広めで清潔感があり、超音波風呂、ジェット風呂、電気風呂、寝風呂、スチームサウナ、水風呂、露天風呂と、毎回訪れるお客を飽きさせない、多種類の風呂を完備しています。特にこの季節の水風呂は、火照った身体に程よい涼感を与えてくれるため大人気。
庶民的な雰囲気の中に人懐こさを携え、気取らずに誰もが気軽に入ることが出来る銭湯で、リフレッシュや息抜き、身体を休めるのにも最適。全国的にも有名な尼崎中央・三和・出屋敷商店街もほど近く、商いをされている方々や住宅街の住民、学生等、様々な方の憩の場としても活用されています。

桜木温泉を擁するここ阪神尼崎駅周辺エリアには、阪神尼崎駅から出屋敷駅まで約1キロに渡って続く尼崎中央・三和・出屋敷商店街が走り、約600軒という多ジャンル店舗が集合した活気溢れる商店街となっています。
そこは、生活感と賑わいを感じると共に、人情味溢れる人々の元気な声が飛び交う、言うなれば「関西らしさ」の縮図。「元気街(げんきまち)」といった、ぴったりの愛称もついています。阪神タイガースの日本一早い優勝マジック点灯看板でも知られている名物マジックボードも、商店街の入り口で目にする事が出来ます。
また、阪神線からは少し遠いですが、大阪や京都へのアクセスも可能なターミナル駅・JR尼崎駅前はここ数年で顕著な発達を遂げています。
駅北側には高層マンションが立ち並ぶ風景がすっかり見慣れたものとなり、あまがさきキューズモールや阪神百貨店、平和堂アル・プラザ等、数多くの商業施設が林立しています。

JR尼崎駅や阪神尼崎駅を有する尼崎市自体の歴史は大変古く、ここ尼崎に人が住み始めたのは弥生時代だという話がある程で、その証拠に、田能遺跡や上ノ島等の、多くの弥生遺跡が発掘されています。
更に、尼崎市は兵庫県内では神戸市をおさえ第一位の人口密度地域となっており、教育施設や病院、公共福祉施設が大変充実した地域で、住宅街としても人気の高さを誇ります。工業都市としても発展している一方で、北部はベッドタウンとして開拓されており、近年は各方面からの更なる熱視線を集めている注目エリアです。

そんな様々な面を持つ尼崎エリアですが、もうひとつの特徴として挙げられるのが、「尼価格」(あまかかく)。
物価が安く、尼崎ならではの良心的な値段で買い物が出来たりおいしいグルメが堪能出来るという、大変魅力的な一面を持ち合わせています。商店街を歩けば、その活気に驚くと共に、価格にも驚愕します。自動販売機の飲料の価格ひとつとっても、100円は当たり前、時にはそれすら切る自動販売機もある程。
今回の番組中でも、そんな「尼価格」で堪能できる、尼崎エリアのオススメグルメがいくつか紹介されています。

貴貴(たかき)】食べログ ★3.11
神戸北野坂で腕を磨いた店主が営む店。オススメは珍しい料理「アップル豚豚(とんとん)」。国産ふじりんごを豚バラで巻き、2時間以上かけてじっくりこくを出した自家製ソースをかけた一品。更には舞茸玉子じめも珍しい創作料理で人気。最後は、オススメの沖漬け丼でしめるのが通。脂の乗ったカンパチと熱々のご飯の相性も抜群です。

味良久(みらく)】食べログ ★3.31
店主は24年前に来日し有名中華料理店で修行した実力の持ち主。中国東北地方では一般的とされる、水餃子をメインとしています。鳥軟骨の水餃子はもっちりした生地と軟骨のこりこりした食感のコンビが抜群。蒸し豆腐餃子は木綿豆腐入りの優しい味付けでふわふわ食感が自慢。他、野菜餃子や黒豚餃子など、様々な食感と味わいを楽しめます。

ふる里】食べログ ★3.01
地元尼崎で愛され続ける創業40年を誇る店。香住の新鮮な魚が食べられるとあって人気です。香住の鮮魚お造り盛り合わせや、香住の鮮魚海鮮鍋等、旬な魚にしか出せない新鮮さがポイント。シメは魚の旨味がたっぷりと凝縮された雑炊で。魚の脂や甘みで味がぐんと奥深くなった雑炊です。

※★は2016年6月23日時点の評価です。

尼崎市内は住宅街も多く、公共福祉施設や商業施設が揃い、また地域に密着した商店街が多いことから、地元との距離が近く、下町情緒溢れる味のあるエリアです。
前述したように、尼崎市内にはJR線や阪急線、阪神線等多数の電車沿線が通っており、また阪神高速道路や国道も走っているため、大阪の中心・キタエリアやミナミエリアや、神戸の玄関口三宮までも気軽にアクセスが出来るという交通至便な一面も兼ね揃えています。
また、阪神尼崎駅から神戸方面に数駅足を伸ばせば、阪神タイガースの本拠地で春・夏の全国高校野球大会本会場でもある甲子園駅にも乗り換えなしでアクセス可能。高校野球開催真っ只中には、始発から阪神沿線駅のホームは人でごった返し、阪神タイガースが甲子園球場で試合を行う際には、阪神タイガースのユニフォームに身を包んだファンの姿をあちらこちらで目にすることが出来ます。

個性的な文化やエネルギーに満ちた地域性などから、メディアでも特集が組まれることも珍しくない、ディープな関西文化を体感出来るエリア、尼崎。
最初はそのパワーみなぎる地域性に驚くかもしれませんが、いざ一歩足を踏み入れると、人情的な方が大変多く、困っていたら気軽に話しかけて助けてくれるような、そんなフランクな関西らしい光景を度々目にします。
尼崎の、ひときわ異彩を放つ存在感と、知れば知るほど味のある独特の文化に触れることで、また新たな関西文化の一面を垣間見ることも出来るでしょう。

過去に【今ちゃんの「実は・・・」】で紹介された銭湯一覧はコチラ
男性歓迎の神戸・尼崎エリア周辺マッサージ店一覧はコチラ

 

筆者: サポート担当 井上